アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2013年05月03日

稜線

 消費税の増税時に「消費税分還元セール」を禁止させる法案に対し、大手小売業者が反対の構えを見せている。「消費者のことを考えていない」というのが、その理由だ。
 そもそも、このような法案が持ち上がったのは、同様のセールを過去に実施した際、中小納入業者に対して納品価格の引き下げ圧力がかかったから。俗に言う「下請けいじめ」だ。
 中小企業庁によると、国内の中小企業の数は約420万社(全企業数の99・7%)で、約2784万人(全従業員数の69・0%)が働いている。だが、その多くが経済のグローバル化などによって苦境にあえぐ。「下請けいじめ」も、その延長線上にあるといっていいだろう。
 「公務員のまち」と称される県都・山口市だが、「中小企業のまち」だともいえる。企業城下町ではないだけに、地元の1企業1企業が連携し合って地域を支えている。それぞれの企業活動はもとより、お祭り、学校行事、各種イベント、ボランティア活動などは、地場の中小企業なくしては立ちゆかない。
 大手の「消費者優先」の言葉の先に、巡り巡って痛い目に遭うのは誰なのか。この地域の将来は、大手企業が面倒見てくれるのか? じっくり考えたい。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。