アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2013年06月15日

シニア優遇

 昔から記憶力は悪かった。記憶力が必要になる学校の成績は低迷状態だった。あの頃、優秀だった友人達が近頃記憶力の衰えを嘆いている。私は密かにバンザーイと叫ぶ。同じになった。
 66歳同士で、記憶を辿り、堂々巡りの昔話をよくする。「れんげの花弁を取って芯の蜜をなめたよね」と私。「そんなもの食べたかね」と同級生が首をかしげる。「芯は吸うようになめる、食べない。覚えてない?」。友は頷く。「今は団地になっているけど、ここは、れんげ畑の広がるきれいな所だったね」と私。「覚えてるわ」と友が目を細める。れんげ畑を壊したのは、私達世代じゃない、と思うけれど。でも、ごめんなさい。
 同級生2人で旅行しようということになった。私はホテル探し担当。本等で調べていると、シニア割引宿泊というのが沢山ある。平日の二人部屋は、通常料金の半額。バンザーイ。誰かが不当な低賃金で働かされているのだろうか? 商売上どのような企みがあるのかわからないが、当面、私達団塊の世代一番手は安く旅行できる…複雑な心境だ。「給食で褐色の脱脂粉乳飲んだよね。いつもお腹壊していた」「私、進駐軍のジープに跳ねられたのよ」「体罰は受けたよね。男の子なんかよく殴られていたわ。それも拳骨で」。だから優遇されているのかな?


同じカテゴリー(おんなの目)の記事
 見事なびらん (2019-07-24 00:00)
 主題 (2019-07-17 00:00)
 バスが来たら (2019-07-10 00:00)
 居るよ、居る、居る。 (2019-07-03 00:00)
 きんと雲 (2019-06-29 00:00)
 本の海に潜って (2019-06-19 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おんなの目
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。