アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2014年02月05日

二人のアーティスト

 先日、集めていた大量の絵画展のパンフレットを整理し、捨てた。手放すのが忍びない魅力的なものもあったが、エイヤー、という気合で塵箱に放りこんだ。捨てられない二枚が残った。
“鯖ン魚” 牛尾篤(山口市在住)
 画面いっぱいのサバの縞とシマウマの縞。似ているようで、似ていなくって、いや、全く同じで。横縞、縦縞、やたら縞、フラフラになってしまいます。絵の中心で黒人女性が粋な縞柄の着物きて、あなたはゼブラではないか。揺れ具合によっては、サバだ。ハテナ、ハテナ? これが快感で手放せない。絵は買えなかったので、パンフレットの“鯖ン魚”。
“妄想図鑑” 平井槙(山口市在住)
 あなた、何者? 地球外生命体ということはわかるんだけれど、遠い土星から来たの? お近くの火星? とにかく、こんにちは。
 あなたが、生きているのはわかります。だって、その目、私を睨んだでしょ。誘ったでしょ。フンってなめた目もしているし、ちょっと困った恥ずかしそうな目もしている。そこの右側の人(?)、秘密を打ち明けてくれそうだけど、聞きたいわ、守秘義務完璧よ。そんなにピンと足を人前で上げてはいけないわ。地球で生きていくのは大変なのよ。
 生命体は買えなかったから、一枚の“妄想図鑑”パンフレット。


同じカテゴリー(おんなの目)の記事
 見事なびらん (2019-07-24 00:00)
 主題 (2019-07-17 00:00)
 バスが来たら (2019-07-10 00:00)
 居るよ、居る、居る。 (2019-07-03 00:00)
 きんと雲 (2019-06-29 00:00)
 本の海に潜って (2019-06-19 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おんなの目
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。