アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人

店長情報 トップページ
店長情報

2014年02月14日

稜線

 JR西日本は、昨年7月28日の豪雨災害によって地福-津和野間が不通となっている山口線について、今年秋ごろ全線運転再開できそうだと発表した。
 鉄橋の流出などによって不通になっている区間は約19キロ。バスでの代行運転がされているが、同線を「生活の足」にしている人たちにとって、不便なことこの上ないだろう。再開のめどが立ったこと、大いに喜びたい。
 さらに同線の復旧は、山口市の観光にとっての「宝」である、SLやまぐち号の完全復活を意味する。昨シーズンは運行開始が5月3日と遅かったこともあり、例年の3分の1、約30日間の運行にとどまった。出雲大社の60年に一度の式年遷宮に観光客を奪われたことも手伝い、市内観光業はかつてない逆風にさらされた。吉田松陰の妹・文を描く来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の放送前に完全復活するのは、本当に喜ばしい。
 今年「復活」から35周年を迎えるやまぐち号。当面は珍しい形で運行される。往路はC56型「ポニー」とディーゼル機関車DD51型とが客車を引っ張り、復路はディーゼル機関車が逆向きのポニーと客車をけん引。地福駅には転車台がないための措置だが、この希少性が逆に、全国の鉄道ファンを引きつけることにも期待したい。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。