アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2014年02月15日

札の辻・21

 冬の山陰(鳥取)を旅行した友人が鳥取の魚市場から日本海の魚をいろいろと届けてくれた。
 その中に弾力のある茹でたばかりのタコがあり、早速タコ刺と天ぷらにした。
 タコの旨みは噛めば噛むほど味わい深く、特有の香りの良さをもっている。
 旬は産卵期前の6~7月と初冬から2月頃までで深場に移行する前の餌を喰い込む時期がうまいのだと漁師から聞いたことがある。
 到来したタコは、はちきれるほどに太っていたから旨みも香りもたっぷりと日本海の味を伝えてくれた。
 タコといえば蛸薬師としてタコを祀る祠が全国にかなりあることが民俗学者柳田国男によって明らかにされている。
 京都の蛸薬師、東京目黒の蛸薬師は共に知られているが、愛媛県に6つ、千葉、神奈川、福井、兵庫、大阪、岩手、埼玉、栃木、静岡に各1つとあり山形県酒田市では薬師像の代わりに記念碑を建立しているという。
 蛸薬師由来はいろいろだが、庶民の病気や悩みごとの解消に役立つというもので、タコは危険を感じると墨を吹きつけるが、墨で黒くなった海中でも見えるのは眼がすぐれているからだとして蛸薬師は眼病にかかわる。
 寒さのつづく日本海からの味覚を届けてくれた友人は薬師ではなくて医師だったが、医・薬同根の味をたのしむ。(鱧)


同じカテゴリー(札の辻)の記事画像
札の辻・21
同じカテゴリー(札の辻)の記事
 札の辻・21 (2016-07-30 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-23 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-16 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-09 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-02 00:00)
 札の辻・21 (2016-06-25 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)札の辻
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。