アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2014年05月21日

抜かせていただきます

 そろそろ、いいかな? 
次世代に繋ぎましたよね。それでは失礼いたします。庭と道路に、ぼうぼうと生えている草に挨拶する。タンポポはもう綿毛を飛ばし、紫の花をつけていた草は、豆のような実をはじけさせ、白い小さな花を咲かせた草は、もう勢いがない。春になって最初に芽を出し、咲いた名も知らぬ草花たちは、枯れ始めている。
 もう、いいかな? 来年もここに芽が出せますか。種を落としましたか。
 それでは、抜かせていただきます。歩くのに不自由ですし、草の中に家が埋もれそうです。
 枯れゆく草の間には、柔らかな新しい草が生えつつある。赤ちゃんのツンンツンしたあの髪のような形で。がんばれ! 君が一生を終わる頃、又、抜かせていただきますからね。今は、伸びろ、伸びろ。そして孕め。
 菜の花がしあはせさうに黄色して
 ふだん着でふだんの心桃の花
 木蓮の一片を身の内に持つ
 すみれの根網目をなして土抱く
 藪からしも枯れてゆく時みやびやか
 私の愛読書、上野さち子著“女性俳句の世界”(岩波新書)から、細見綾子の句です。
 私は、草に埋もれ、草を引く手を動かしながら、土を剥ぎ、匂い、句を口ずさむ。


同じカテゴリー(おんなの目)の記事
 見事なびらん (2019-07-24 00:00)
 主題 (2019-07-17 00:00)
 バスが来たら (2019-07-10 00:00)
 居るよ、居る、居る。 (2019-07-03 00:00)
 きんと雲 (2019-06-29 00:00)
 本の海に潜って (2019-06-19 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おんなの目
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。