アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2014年10月24日

稜線

 12日に野田神社能楽堂で開催された、山口鷺流狂言保存会の「結成60周年記念公演」を鑑賞した。13人が出演し「末広がり」「棒しばり」「蟹山伏」「太刀奪」「鬼瓦」の5曲が演じられた。能楽堂の舞台で「正装」で演じられた鷺流狂言はとてもユーモラスで、ずっと笑いっぱなしだった。
 江戸時代、大蔵流、和泉流をおさえ幕府の筆頭狂言方だった鷺流狂言は、幕府瓦解のあおりを受けて家元が断絶。だが、長州藩お抱えの狂言方だった春日庄作が、1886(明19)年に久しぶりに演じたことをきっかけに奇跡的に復活した。その後は、町の人々が相互に稽古をつける「伝習会」によって受け継がれていったが、大正期には衰微。それを憂えた有志が、54(昭29)年に同会を結成した。現在は、週1回の伝習会や年間30件程度の公演を通じて、約20人の会員が技を継承している。
 今後の継続のためには、伝承者の育成や財政面など多くの課題が立ちはだかっている。だが、鷺流の実質的な流祖・鷺仁右衛門宗玄が徳川家康の命で観世座付になったのは、1614(慶長19)年。保存会の歴史は60年でも、鷺流狂言には400年もの歴史があるのだ。この火を絶やさないよう、市民皆で支えたい。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。