アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2014年12月19日

稜線

 14(平26)年も、あと10日あまり。「ゆく年」に悔いを残さぬよう、1日1日を大事に過ごしたい。
 そして、「くる年」2015年を迎える。架空の話ではあるが、世界中にファンの多いSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの第2作目(89年)で描かれた「未来」の舞台になる年だ。
 主人公のマーティー・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、子孫のトラブルを回避するために、85年から、30年後の15年にタイムスリップ。その劇中描かれた“来年”には、「自動車は空を飛び、ハイウェーは空中に」「スケートボードがホバーボードに進化」「気象予報が秒単位に」「自動でサイズを調整・自動乾燥するジャケットやシューズが市販」「カフェのウエーターやガソリン給油はロボットが担当」「空中での3D映画予告」「家電のスイッチは音声認識」等々のモノ・コトが登場した。
 「空飛ぶ自動車」「衣服の自動サイズ調節」や、映画の根幹となるタイムマシンの実現は、まだ夢の世界に思える。だが、スマートフォンやロボット掃除機などを使っていると、昔に想像した「未来」が着実に現実化しているとも感じられる。実際の15年は、どんな「未来」になるのだろうか。楽しみだ。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。