アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年01月23日

稜線

 先週の1月17日(土)付本紙に、15(平27)年の展望を山口市内の経営者・企業幹部など「経営リーダー」99人に聞いたアンケート結果を掲載した。全国や県単位での調査結果はよく目にするが、「山口市」という狭い範囲での調査は珍しいと思う。
 まず「御社(支店)の業況判断」は、「良くなる」との回答が34.3%で、「悪くなる」7.1%の5倍を占めた。さらに「市内企業における賃金」も、「上昇」が19.2%と「下降」7.1%の約3倍だった。
 一方、他社も含む「市内の景気」について聞くと、「良くなる」と「悪くなる」は、ともに14.1%。また「市内企業における雇用」は「増加」(19.2%)と「減少」(18.2%)とが拮抗している。
 深読みすると、市内の景気は「良くも悪くもない」が、市外に向けて(も)事業展開している企業は(円安や大企業の業績回復もあり、自分の会社は)「良くなる」というところだろうか。逆に言えば、市内でのみ物販やサービスを提供している会社は「変わらない」もしくは「悪くなる」ということにもなる。雇用や賃金面でも、同様のことが言えよう。
 市内だけが拠点の企業への消費がいかに増えるか、今後の本市の景気はそこに左右される。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。