アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 24人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年02月21日

札の辻・21

 日本列島は南北に長く沖縄から北海道までは、北緯26度から45度までに及ぶ。島国であるが緯度の広がりは中国やアメリカなどの大陸国と変わらない。春はサクラ前線が鹿児島から北海道まで一カ月あまりかけて北上し、蜜蜂のキャラバンは早春の種子島から真夏の十勝平野まで、菜の花、レンゲ草、リンゴ、クローバーなどを追って南から北へ花の旅がつづく。
 春ほど待たれる季節は無い。ことしは冬の長い東北や北陸ではよみがえってくる春の陽差しは感動的であろう。
 山口でも中国山地を流れる渓流では雪解けの水音が高い。
 その渓流の岸辺に、いち早く春をつげるのはフキノトウである。
 フキノトウはフキの若い花芽である。まだ開かない花芽を寒さから守ろうとして、幾重にも固く苞に囲まれており、この頃の季がもっともおいしい食べごろである。雪の多い地方だけでなくても待ち遠しい春をつげる使者と想う。
 気の早い都会地は歳末から新春にかけてフキノトウが市場に出回るが、これは温室栽培のハシリもので、香気にとぼしい。冬期の寒さに耐えて育つ早春の山野草はアクが強いので香りも味も強烈である。
 ほろ苦き恋の味なり
 フキノトウ  久女
の句もあるようにフキノトウは土の香りとほろ苦さが身上である。四温の日が待ち遠しい。(鱧)


同じカテゴリー(札の辻)の記事画像
札の辻・21
同じカテゴリー(札の辻)の記事
 札の辻・21 (2016-07-30 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-23 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-16 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-09 00:00)
 札の辻・21 (2016-07-02 00:00)
 札の辻・21 (2016-06-25 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)札の辻
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。