アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年08月19日

記憶

〈昭和二〇年一〇月、一月おくれの第二学期である。生き残りの生徒が椅子に坐る。生徒の半数が坊主頭である。それがセーラ服を着て坐る。華やかな黒髪であるべき少女たちの頭は、まるで尼さまだ。尼さまの頭はまだいい。生気がある。少女たちの頭はしなびている〉祭りの場・林京子著
〈女は醜悪な様子になっていた。裸で何もはかずに歩いている娘や、髪の毛の一本もない女の子や、抜けた両腕をぶらぶらさせている老婆などもいた。たまに怪我も火傷もしていない人が歩くと、人々はふり向いて珍しそうに眺めた〉屍の街・大田洋子著
〈毎日のようにグラマン戦闘機の機銃掃射をうけた。ある日などは水田のなかへとびこむ瞬間に泥の薄い霧をすかして、チラと、戦闘機の機首に描いてあるポパイの漫画、風防ガラスの中で笑っているアメリカ兵のあざやかなバラ色の頬などを鼻さきに見届けたことがあったりした。人間は人間を殺すときに笑えるのだという感想が長く私の幼い頭を支配した〉姿なき狙撃者!・開高健著
 長く作品から引いてしまいました。八月の熱い陽射しが照りつける日々が続く頃になると、空気が淀み風の中に血と膿のにおいを私は嗅ぎつけます。人々の辛い声を聴きます。林氏は長崎の原爆を、大田氏は広島のそれを書き綴られています。


同じカテゴリー(おんなの目)の記事
 見事なびらん (2019-07-24 00:00)
 主題 (2019-07-17 00:00)
 バスが来たら (2019-07-10 00:00)
 居るよ、居る、居る。 (2019-07-03 00:00)
 きんと雲 (2019-06-29 00:00)
 本の海に潜って (2019-06-19 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おんなの目
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。