アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年09月04日

青藍会「はあと保育園」BCS賞を受賞 保育園舎としては全国初

青藍会「はあと保育園」BCS賞を受賞 保育園舎としては全国初
▲はあと保育園(撮影:北嶋俊治氏)

 社会福祉法人青藍会(阿武義人理事長)が運営する「はあと保育園」(小郡平成町)の園舎が、日本建設業連合会主催の第56回BCS(ビルディング・コントラクターズ・ソサエティー)賞を受賞した。保育園舎の受賞は、全国で初めて。
 同賞は60(昭35)年に創設。国内の優秀な建築作品を表彰するもので、大学や設計事務所、建設会社の関係者で構成する選考委員会が、デザインだけでなく施工技術も評価して、受賞作を決めている。県内ではこれまでに、県立美術館や県庁本館棟など9作品が受賞している。
 14(平26)年3月に完成したはあと保育園の園舎(敷地面積1864平方メートル)は、鉄筋コンクリート造2階建てで、延べ床面積は1315平方メートル。JR新山口駅前の開発地にあり、隣接する高齢者施設や公園との連続性を意識しながら、地域に必要な保育園を企画・設計。建物全体が自然に近い表層の材料を使い、子どもたちが駆け巡る小さな山のような建物で、親しみやすい居場所や空間を提供している点などが評価された。
 青藍会は「今後とも、併設する住宅の高齢者との交流はもちろん、未就園児と、保育所の保護者にも施設を開放し、地域の子育て支援に取り組んでいきたい」としている。
 なお、今年の受賞作は14作品。日本一の高さを誇る「あべのハルカス」(大阪市)や、北九州市立戸畑図書館などが選ばれている。授賞式は11月16日(月)に東京・帝国ホテルである。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。