アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年09月25日

9割「山口県住み良い」 15年度県政世論調査

 15(平27)年度県政世論調査で、「県民の生活実感」が明らかにされている。調査対象は20歳以上の県内在住者で、調査期間は6月4日から22日にかけて。3千人に対して実施され、1658人が回答(回収率55.3%)した。
 まず「2~3年前に比べた暮らし向きの変化」について聞いてみたところ、「良くなった」は2.3%で「少し良くなった」は7.7%。逆に「悪くなった」は12.5%で「少し悪くなった」は26.7%。「良くなった」派は、昨年の10.9%から10.0%に若干減少。一方の「悪くなった」派も、昨年の40.1%から39.2%に若干減。「変わらない」は47.0%(昨年は46.7%)だった。
 続いて「現在の暮らし向きの満足度」は、「満足」が9.8%で「やや満足」は37.3%。一方、「不満」は10.6%で「やや不満」は38.4%。「満足」派は47.2%(同46.2%)で、「不満」派は49.0%(同51.4%)。昨年よりも「満足」派は1.0%増え、「不満」派は2.4%減少。拮抗してきた。
 次に「今後の生活の見通し」は、「明るい」が4.7%で「やや明るい」が29.6%。「暗い」が14.8%で「やや暗い」が46.6%。「明るい」派は34.3%(同33.3%)、「暗い」派は61.4%(同63.5%)で、前者と後者の差は若干縮小したが、まだ後者の方が、前者の約1.8倍ある。
 また、「山口県の住み良さ」に対しては、「住み良いと思う」(36.5%)と「どちらかといえば住み良いと思う」(51.3%)との回答が9割近く(87.8%)を占めたが、昨年(90・3%)より2.5%低下した。さらに「今後の山口県への居住意向」も、「住み続けたい」という答えが9割近く(87.8%)に上ったが、昨年(89.1%)より1.3%低下した。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。