アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年10月07日

明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊳ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作

明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊳ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
▲諸隊の本陣となった功山寺(下関市)

(9月30日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

諸隊を説く

 「諸君が赤祢武人の説を容れ、晋作の意見を聞き入れてくれないというのなら、もはや諸君に対し、望むところはない。ただ、従来の旧誼に対し、吾輩に一頭の馬を貸してほしい。今からその馬に乗って萩へ行く。そして、両殿様をお諫めする。もし、その意見が聞き入られぬ時は、腹を掻っ切り、はらわたをつかみ出し、城門の扉に叩きつける。途中、不幸にして俗論党(保守派)によって捕らわれ、斬殺されるもそれは天命。今日の場合は、一里行けば一里の忠。二里行けば二里の義を尽くす時。安座しちょる時じゃあない!」
 12月12日夜。晋作は長府の御楯隊屯所を訪ね、総督・御堀耕助をはじめ諸隊長らに対し、打倒保守派を叫び、決起を訴えるのでした。
 その頃、藩内では、奇兵隊総督・赤祢武人が保守派と諸隊との妥協点を見出すため調停工作に奔走していました。
 「高杉さん、そう急かんでも…」
 「そうじゃ。まだ時期じゃあない」
 この時、皆は晋作の気魄に圧倒されるも、彼に賛同する者は、誰ひとりとしていませんでした。
 「皆腰抜けばっかりじゃ。つまらんのう!」
 彼は席を蹴り、ひとり夜の闇の中へと消えて行きました。
(続く。次回は14日付に掲載します)


同じカテゴリー(行雲流水 高杉晋作)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊼ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊻ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊺ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊹ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊸ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作
明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊷ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作
同じカテゴリー(行雲流水 高杉晋作)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊽ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作 (2015-12-16 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊼ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-12-09 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊻ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-12-02 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊺ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-25 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊹ 【幕末歴史小説】 行雲流水 高杉晋作 (2015-11-18 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 ―詩酒愛すべし 美人憐れむべし―㊸ 【幕末歴史小説】行雲流水 高杉晋作 (2015-11-11 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。