アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年11月27日

29日 「やまのいも」ご存じ!? 徳地・南大門が「ビッグまつり」

29日 「やまのいも」ご存じ!? 徳地・南大門が「ビッグまつり」
▲特産品「やまのいも」

 徳地特産品販売所「南大門」(徳地堀、TEL0835-52-1772)で、29日(日)午前9時から午後4時まで「第1回やまのいもビッグまつり」が開催される。同施設の主催で、防府とくぢJAやまのいも生産組合協賛。
 「やまのいも」は、徳地地域で150年ほど前から栽培されていたといわれる特産品で、仏様の手に似ていることから「仏掌いも」とも呼ばれている。見た目は長いもよりゴツゴツとして丸く、すりおろすと強い粘り気が出る。澱粉分解酵素(アミラーゼ)が豊富で、生で食べても消化が良いのが特長。
 午前11時から、やまのいもと徳地和牛を使った「とく・徳なべ2015」が無料で振る舞われる(先着200人)。これは、第10回鍋-1グランプリイン防府で第3位を獲得した一品。徳地の野菜をふんだんに使った、醤油ベースの味が楽しめる。また、1回500円の「やまのいもクジ」(先着100人)は空くじなしで、必ずやまのいもを持ち帰れる。大当たりは「やまのいも5キロ」。
 さらに、やまのいも試食会&即売会も開催。シンプルなすりおろしから鉄板、お好み焼き、から揚げなど、地元ならではのおいしい食べ方を教わりながら試食できる。
 贈答用をはじめ、むきいも、すりいもとして調理の手間を省いたパック詰めなども販売されており、同所は「やまのいもを知っている人にも知らない人にも、いろいろな食べ方を楽しんでもらいたい」と来場を呼びかけている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。