アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2015年12月11日

稜線

 大内氏の時代、「西の都」と称せられたここ山口。フランシスコ・サビエルは、戦乱で荒れた京都ではなく、山口を布教の地と定め、1551(天文20)年4月に再来山。大内義隆の許しを得て、布教に努めた。しかしながら同年9月、義隆は陶晴賢の謀反に遭い自害。サビエルも同月豊後に渡り、後事は宣教師コスメ・デ・トルレスに託された。日本初のクリスマスミサが執り行われたのは、その翌年のこと。ルイス・フロイス著「日本史」や「イエズス会士 日本通信」に、そう書いてある。
 その史実を生かそうと1997(平成9)年、山口商工会議所青年部が創立20周年事業として「日本のクリスマスは山口から」事業をスタート。最初は、Nac(中市)前でのモミの木へのイルミネーション装飾だった。青年部単独での事業は2007(平成19)年まで続き、2008(平成20)年からは実行委員会の主催に。翌2009(平成21)年以降毎年「12月、山口市はクリスマス市になる。」と宣言し、各種事業を展開している。
 国民的行事・クリスマスの「『ルーツ』がここ山口」ということは、何物にも代え難い財産であり、誇りたい。その一方で、明治維新時も含めた先人たちの「進取の気風」について、今を生きるわれわれが倣うべきだとも自覚したい。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:01│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。