アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年01月01日

新春あいさつ 「活力みなぎる山口県」の実現に向けて 新たな活力創出と飛躍の年に 山口県知事 村岡嗣政

新春あいさつ 「活力みなぎる山口県」の実現に向けて 新たな活力創出と飛躍の年に 山口県知事 村岡嗣政

 明けましておめでとうございます。
 すがすがしい新春を迎え、謹んで新年のお喜びを申し上げますとともに、県民の皆様にとりまして、今年がより良い年となりますことを心からお祈りいたします。
 昨年は、大河ドラマ「花燃ゆ」の放送をはじめ、ミラノ国際博覧会への出展や「第23回世界スカウトジャンボリー」、「ねんりんピックおいでませ! 山口2015」の開催、さらには県内に五つの構成資産がある「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録や「Mine秋吉台」地域の日本ジオパークへの認定など、山口県が国内外から大きな注目を集めた一年でした。本県への関心の高まりを追い風に、今年は本県が誇るべき多くの魅力をさらに高め、広く国内外に発信するなど山口県の存在感を強め、新たな活力の創出につながる大きな飛躍の年にしていきたいと考えています。

地方創生の推進

 我が国が本格的な人口減少社会に突入する中、本県は全国より速いテンポで人口減少や少子高齢化が進行しており、更なる人口の減少は地域経済や県民生活に様々な影響を及ぼすことが懸念されます。こうした時だからこそ、人口減少問題に真正面から向き合い、多くの困難を乗り越え、将来にわたり元気な山口県を創っていかなければならないと考えています。
 このため、昨年10月には、人口減少の克服と地方創生の実現に向け、目指すべき将来の方向や人口の将来展望を示す「山口県人口ビジョン」と、具体的な取り組みの道筋となる「山口県まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。
 総合戦略では、人口の「社会減の流れを断ち切る」「少子化の流れを変える」「住みよい地域社会を創る」という三つの基本的な方向を「やまぐち元気宣言」として掲げ、平成31年までの5年間に若年者6千人の雇用の場を創出し、人口の転出超過を半減させるとともに、合計特殊出生率を1.65まで向上させるなどの目標を設定しました。今年は、未来への明るい展望を切り拓いていけるよう取り組みを本格化させ着実な成果につなげていく、大変に重要な年と考えています。

産業・人材の活力向上と地域活性

 特に若い世代の県外流出に歯止めをかけることが重要で、その受け皿となる魅力ある雇用の場の創出に向けて、本県の強みを生かした次世代産業の育成や戦略的な企業誘致、県産品のブランド化と首都圏等への売り込み強化などにより、地域産業の「稼ぐ力」を高めていきます。
 また、意欲ある中堅・中小企業の経営革新や技術革新、若者や女性の創業支援、農林水産業の担い手の確保と法人経営体の育成を加速し、成長産業化を進めます。さらに、昨年末に制定した「おいでませ山口県観光振興条例」に即して、全県的な観光推進体制を整え、山口宇部空港における国際定期便の実現などインバウンド対策や、現在展開中の観光キャンペーン「やまぐち幕末ISHIN祭」を一層推進し、平成30年に迎える明治維新150年の機運醸成に取り組みます。
 そして、創出された雇用の場を生かし、大学や企業等と連携・協働して若者の県内定着やUターン就職を進めるほか、全県を挙げて幅広い世代を対象にUJIターン対策の強化を図ります。国に要望している政府関係機関や企業の地方分散の促進も引き続き積極的に働きかけ、本県への新たな人の流れを創り出してまいります。

住みよい環境づくり

 昨年9月に開設した「やまぐち結婚応縁センター」によるサポートの強化、安心・安全な妊娠・出産のための保健医療体制や社会全体で子どもや子育てを支える環境の整備、女性が安心して仕事と子育てを両立するための保育サービスの充実などに取り組みます。
 教育の面からは、全国一の設置率であるコミュニティ・スクールの活動をさらに活発化させ、「地域教育力日本一」の取り組みを推進するとともに、やまぐちの未来を担うたくましい子どもたちの育成を進めます。
 さらに、中山間地域での地域資源を生かした新たなビジネスづくりや医療提供体制の強化に取り組むほか、県民や企業等の社会貢献活動への参加を促進し、地域の絆づくりを進めるなど、持続可能で安心して生活できる元気な地域の形成に取り組んでまいります。

今年の決意

新春あいさつ 「活力みなぎる山口県」の実現に向けて 新たな活力創出と飛躍の年に 山口県知事 村岡嗣政
▲画・古川綾子

 今年の干支「丙申」には、物事の本質が明らかとなり、果実が成熟して固まっていくという意味があります。2月には知事一期目の折り返しとなる、3年目のスタートを迎えます。県政が直面している困難は、県の力だけで突破できるものではありません。
 市町、企業、大学、金融機関、民間団体、そして県民の皆様と課題意識を共有し、総力を結集して県民誰もがはつらつと暮らせる「活力みなぎる山口県」の実現を目指し、新たな県づくりを力強く進めてまいります。県民の皆様の御支援と御協力をよろしくお願いします。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。