アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年02月26日

「三つの創生」重点的に推進 山口市当初予算案824億円

 山口市は、2016(平成28)年度の当初予算案を発表した。一般会計は824億円(前年度比3.0%減)で、4年ぶりの減額となった。JR新山口駅ターミナルパーク整備事業が一定の段階に達したことや、2013(平成25)年7月の豪雨災害復旧事業の完了などがその要因だ。
 中原中也の詩を引用、「『これが私の故里だ 定住実現都市』予算」だと位置付けた。「やまぐち魅力創生」「人材・雇用創生」「都市・生活空間創生」の「三つの創生」を重点的に推進し、「山口に住んでみたい、住み続けたい」と、山口市内外の人たちに思ってもらうことを目指している。
 歳入は、市税が255億3千万円(同1.2%減)。個人市民税は雇用環境改善による1億2千万円の増収、法人市民税は税制改正による5億2千万円の減収を見込んでいる。一方で、地方交付税は168億2千万円(4.7%増)と増額。山口市の借金に当たる市債は、約119億6千万円(同20.8%減)に抑制した。
 歳出で最も多かったのは、福祉関連の扶助費で164億1千万円(同5.0%増)。続いて投資的経費の156億3千万円(同16.0%減)だ。人件費は134億円(同1.1%減)、公債費は94億1千万円(同0.9%増)。同年度内には、保育施設の定員90人程度拡充、子ども医療費無料化の中学生への拡大、プレミアム商品券発行、リフォーム工事助成等の事業が予定されている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。