アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年03月12日

21日 ニューメディアプラザ山口で 東日本大震災復興支援2イベント

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災から昨日で5年を迎えた。活気を取り戻しつつある被災地がある一方で、いまだに約6万人が仮設住宅で暮らすなど、生活再建できない人も多い。また、福島第一原発の周辺などは、全く予断を許さない状況が続いている。
 「あの悲惨な出来事を、けっして風化させてはならない」との思いで21日(月・振休)、ニューメディアプラザ山口(山口市熊野町1)を会場に、二つのイベントが開催される。

「私たちは、忘れない。」

 「『私たちは、忘れない。』~未来につなげる復興支援プロジェクトイン山口」は、午前9時半から午後3時まで、イベントホールと駐車場で。主催は、日本赤十字社山口県支部(TEL083-922-0102)。
 防災への意識や、助け合いの意識を醸成するのが目的。東日本大震災における、最大震度7の地震発生から、避難所生活までを体験できる「防災スタンプラリー」を通じて、同震災が「人ごと」ではなく「我が事」に感じられる。内容は、①起震車に乗って、震度7の揺れを体験してみよう!②震災当時、5年後の被災地を知ろう!(パネル展示)③避難するとき、注意することって?(クイズ)④傷病者の応急手当、搬送を体験してみよう!⑤避難所での非常食の炊き出しってどんなもの?⑥避難所等へ届く救援物資ってどんなもの?⑦非常用持ち出し袋を作ってみよう!。
 さらに、2013(平成25)年豪雨災害を克服した澄川酒造場(萩市)の酒だるによる義援金募集、「被災地へ思いを届けようメッセージバルーン」などもある。

「この小さな手で何ができる」

 東日本大震災チャリティーライブ「この小さな手で何ができるパート6」は、午後0時半から5時まで、多目的シアターで。主催は同実行委員会。
 震災発生から間もない2011(平成23)年4月2日に山口県内在住ミュージシャンたちが発起して初開催。その後、この時期に毎年続けられている。これまでに、49万3976円の浄財を、被災地に届けてきた。
 出演するのは、宇部太鼓(和太鼓)、幸せの星(山口県立大手話サークル)、白目(山口県立大生ポップスバンド)、ザ45(ビートルズコピーバンド)、徳冨信恵(クラシックピアノ)、トワイライト4(アメリカンフォーク)、山口県庁グリークラブ(コーラス)、山下正新トリオウイズテルミー(ジャズ)、鹿野苑(フォークロック)。さらに、日本赤十字社山口県支部による支援活動・被災地現状報告などがされる。
 入場無料だが、場内には募金箱が設置される。問い合わせは、辻田昌次さん(TEL090-4893-4225)へ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。