アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年03月16日

コレクション展「香月泰男の旅」

コレクション展「香月泰男の旅」
▲香月泰男「摩周湖」1971年

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

香月泰男は、黒を基調とし、色彩の使用を極力抑えた独特の油彩画を描いたことで知られている。その一方で、晩年よく出かけた旅行での取材をもとに、軽やかな色彩を用いた版画作品も制作している。コレクション展「香月泰男の旅」では30点の版画作品が展示されている。
 その中の「層雲峡」や「摩周湖」などを見ていて、その空の色がちょっと不思議に思えたので何という色なのか調べてみると、その色は青ではなく「空色」と呼ぶことを、今さらながらに知った。昔は「そらいろ」と書かれたクレヨンを使っていたはずなのに、すっかりその色を忘れていたということか。
 香月がギリシアのクレタ島の村で見た空も、カラカラと音が聞こえるような風車の後に見た空も、ニースの海岸の上で見た空も、みんな青ではなく空色だった。
 シベリア・シリーズの《青の太陽》を見ると、確かにこれも空色と呼べるだろうなと思った。
山口県立美術館副館長 斎藤 郁夫


同じカテゴリー(サンデー美術館)の記事画像
中庭《県美の森》
下瀬信雄展
No.253 ふたつの写真展
扇の国、日本
ここは扇の国
コレクション展 シベリア・シリーズⅢ
同じカテゴリー(サンデー美術館)の記事
 中庭《県美の森》 (2019-07-17 00:00)
 下瀬信雄展 (2019-06-19 00:00)
 No.253 ふたつの写真展 (2019-05-15 00:00)
 扇の国、日本 (2019-04-17 00:00)
 ここは扇の国 (2019-03-20 00:00)
 コレクション展 シベリア・シリーズⅢ (2019-02-20 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。