アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 23人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年04月13日

美を支える果物

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 日本人の果物消費量は1人当たり1日に約150グラム。これを200グラムに増やそうという運動が進められている。「毎日くだもの200グラム!運動」。
 200グラムとは、林檎や梨なら1個。蜜柑なら2個。葡萄は1房。バナナは2本。サクランボなら40粒。
 私の好きなライチなら幾つになるのだろう。数グラムの軽い果皮が濁った紅色のライチ。本来は、きれいなピンク色らしいが、冷凍して輸入されるので店頭では暗い紅色。剝くと白いツルリとした果肉が出てくる。プチュとした食感。ほど良い甘さ。ちらりと酸味。
 世界三大美女の一人、楊貴妃が好んでライチを食べたのはどなたもご存知のこと。ライチにはビタミンやミネラルが豊富に含まれている。ライチは楊貴妃の美を支えた果物。
 私は時たま食べるだけだから、ライチに何も支えてもらっていない。無駄な抵抗をせずに紫外線を浴びながら自転車でスイスイ走っている。
 楊貴妃は、玄宗皇帝に愛された妃。皇帝は、妃のためにライチの産地の広東や嶺南から都まで1千キロを運ばせたという。宝石のような桜色したライチ。ステキ!
 私には、玄宗皇帝はいないから、独りでスーパーに買いに行く。
 クレオパトラの美を支えたのはマスカット・オブ・アレキサンドリア。果物の女王。


同じカテゴリー(おんなの目)の記事
 見事なびらん (2019-07-24 00:00)
 主題 (2019-07-17 00:00)
 バスが来たら (2019-07-10 00:00)
 居るよ、居る、居る。 (2019-07-03 00:00)
 きんと雲 (2019-06-29 00:00)
 本の海に潜って (2019-06-19 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おんなの目
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。