アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年04月29日

稜線

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 4月23日にあったレノファ山口FC対ジェフユナイテッド千葉戦、維新百年記念公園陸上競技場で観戦した。
 昨季J3の舞台で何度も見せてくれたような、会心の試合運びで勝利。しかも相手は、1992(平成4)年のJリーグ初年度に参加した10クラブ、いわゆる「オリジナル10」の一つでもある。
 国内が熱狂に包まれたJリーグ開幕当初、山口でもいくつかの試合が組まれた。J加盟チームによる初めての試合は、1994(平成6)年2月27日にあったプレシーズンマッチ「サンフレッチェ広島対グレミオ(ブラジル)」。同公園の旧陸上競技場に、約2万1千人もの観客を集めた。また、Jチームによる初の公式戦は、同年12月4日の天皇杯1回戦「川崎製鉄(現ヴィッセル神戸)対清水エスパルス」だ。翌年3月5日には、プレシーズンマッチ「ベルマーレ平塚対インテルナシオナル(ブラジル)」も開催された。「山口にJリーグ誘致を!」という活動の一環だったが、レノファの誕生、そしてJリーグ加盟には、その後約20年の時間が必要だった。
 そして今、J2第9節終了時点の暫定順位で、22チーム中7位につけているレノファがいる。応援できる地元チームがある喜び。20年前を振り返るにつけ、感慨深い。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。