アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年10月05日

磁石がくっつく石

磁石がくっつく石
▲須佐高山頂上にある磁石石

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 山口県の北方にある萩市須佐高山には、磁石がくっつく石があります。「須佐高山の磁石石」と呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。
 学校の理科の授業で使う棒磁石では重たいのでくっつく様子がわかりにくいですが、肩こりの治療に使われているような直径5ミリ程度の小さな磁石をひもにぶら下げて磁石石に近づけると、くっつく様子を見ることができます。
 また、方位磁石を、岩の壁に沿ってそっと動かすと、指している北の向きがどんどん変わることがわかります。平たい岩の上に置くと、場所によって指す北の向きはばらばらです。
 磁石石になった原因は、度重なる落雷によって磁性が強くなったとか、中に含まれる磁鉄鉱が他の場所より多く入っているためとも言われています。
 山口博物館では、10月16日(日)の「地質めぐり」講座で須佐高山をたずね、高山の磁石石を観察します。
山口県立山口博物館 地学担当学芸員 亀谷 敦


同じカテゴリー(おもしろ小箱)の記事画像
特別展「どきどき! ドローン・ワールド」を開催します!
純粋じゃないからいいんです!
テーマ展「目撃! 地球史40億年 -岩石が語る地球の歴史-」
今年は有馬喜惣太没後250年
見た目がちがっても中身はいっしょ
VR(仮想現実)技術
同じカテゴリー(おもしろ小箱)の記事
 特別展「どきどき! ドローン・ワールド」を開催します! (2019-07-03 00:00)
 純粋じゃないからいいんです! (2019-06-05 00:00)
 テーマ展「目撃! 地球史40億年 -岩石が語る地球の歴史-」 (2019-05-01 00:00)
 今年は有馬喜惣太没後250年 (2019-04-03 00:00)
 見た目がちがっても中身はいっしょ (2019-03-06 00:00)
 VR(仮想現実)技術 (2019-02-06 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)おもしろ小箱
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。