アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年12月17日

No.19阿知須「空高く龍が舞う『あじす籐芯凧』」

No.19阿知須「空高く龍が舞う『あじす籐芯凧』」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 阿知須に明治時代から伝わる伝統凧「あじす籐芯(どうじん)凧」。阿知須の風土を愛する先人達の思いを、空へ揚げ伝え続けている。

 明治時代、阿知須出身の海軍関係者が、籐芯凧を中国から土産として持ち帰ったのが始まり。大きさは高さ約1メートル、幅約70センチ程度で、丸い五つの円をつなぎ合わせて形作られる。
 籐芯凧は全国各地に存在するが、阿知須の特徴は、下に海、中央に山野、そしてそれぞれに千年住んだ龍が雲の浮かぶ天をめがけて駆け上る姿が描かれた絵柄にある。
 伝統凧を後世に伝えようと活動を続けているのは「きらら阿知須よーずクラブ」(藤井宏三代表)。高さが5メートルにもなる大型凧の制作や、展示会などに取り組んでいる


同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事画像
No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」
No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」
No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」
No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」
No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」
No.146 秋穂二島「7月7日供用開始 美濃ヶ浜海浜広場」
同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事
 No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」 (2019-07-27 00:00)
 No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」 (2019-07-20 00:00)
 No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」 (2019-07-13 00:00)
 No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」 (2019-07-06 00:00)
 No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」 (2019-06-29 00:00)
 No.147秋穂「秋穂の製塩業と『日地石風呂』」 (2019-06-22 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。