アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年12月21日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は「四境戦争」から150年(51) 大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は「四境戦争」から150年(51) 大村益次郎
▲普門寺観音堂(白石)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(12月14日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

兵学校と普門寺塾

 1863(文久3)年。この年、藩論が攘夷に決定した長州藩は、政治の中心地を萩から山口へと移した。沿岸地域の萩城は有事の際、敵の攻撃に直面することになり防備上適切ではない。また、防長二州を指揮する上でも不便だという理由によるものである。
 こうして、4月16日、藩主・毛利敬親は、表向きは湯田温泉への湯治という名目で萩を出発。山口の中河原の御茶屋に入ると、そこに政事堂を置いた。山口移鎮である。
 こうした動きに伴い、山口における文武の総合学舎である山口講習堂も、山口明倫館と名称を変更。文教の中心地も萩から移転した。
 そして、この山口明倫館には、国学を学ぶための文学寮と、洋式兵学を学ぶための兵学寮が置かれたが、1864(元治元)年2月19日、兵学寮は、萩練兵場の移転合併。教練場の建物を増設するなどして兵学校と改称された。
 そこで益次郎は、兵学校教授を命じられ、洋式陸軍士官養成のための総括責任者となった。また、この時期、彼は白石の普門寺の境内で私塾である普門寺塾を開き、ここでも門人たちに洋式兵学を教えていたといわれている。
(続く。次回は12月28日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。