アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2016年12月23日

12月28日~ 山口宇部空港の国際線ロビー 「畳」の岩国城お目見え

12月28日~ 山口宇部空港の国際線ロビー 「畳」の岩国城お目見え
▲実物の約18分の1の大きさ

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 山口宇部空港の国際線ロビーに、「畳」で作られた岩国城のオブジェがお目見えする。期間は、28日から来年3月25日(土)まで。
 製作したのは、石田畳店(山口市黒川)の石田昭典代表(74)。高さ1.43メートル、幅1.35メートル、奥行き1メートルのオブジェは、実物の約18分の1の大きさ。人口イ草の畳表や鮮やかな模様の畳縁など、すべて畳に使われるパーツで造られている。2014(平成26)年12月から、約4カ月間かけて製作した。
 同空港では、韓国・仁川と結ぶ国際定期便が11月に就航。台湾と結ぶチャーター便も、来年4月まで運航が予定されている。それに合わせて「観光情報プラザ」も一新されており、このオブジェも、海外からの観光客の目を楽しませることになる。
 山口県畳技能士会顧問で山口県畳工業組合理事長でもある石田さんは、畳職人歴59年。山口の歴史や文化を盛り上げようと、瑠璃光寺五重塔、大内菱、毛利家家紋、ゆめ風車(周南市)など、職人として磨いてきた技能を生かしたオブジェを多数製作。これまでに、山口県庁ロビー、世界スカウトジャンボリー、アートふる山口などで披露してきた。「山口県の玄関口に展示してもらい光栄だし、観光のお役に立てばうれしい。海外の人たちに、畳の文化や山口県への理解を深めてもらえたら」と話す。
 現在は、依頼を受けて弘前城(青森県)を製作中だ。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。