アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年01月03日

これからの時代に必要な「学びつづける力」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 グローバル化や機械化が進むにつれ、働き方や求められるスキルも変化していく時代。「自分は何ができるのか、何がしたいのか」を考え、モチベーションを高めながら学んでいくことが大事だ。幼児から大人まで、多分野にわたって学ぶための環境も整う中、「学びつづける」意欲と習慣を身につけることが一層重要となる。

 将来にわたり学びつづける力を養うには、「学ぶ楽しさ」を知ることも重要だ。幼児期の教育や習い事は、遊びの中で驚きや達成感を覚えられる。人とかかわる経験を通して感性や才能が磨かれ、心身の健やかな成長につながることも。子どもの興味の方向性が分からないうちは、遊びと学びのバランスのとれた「幼児教室」という選択肢もある。
 小学生以上になれば、物事に挑戦する意識や、自身の好きな分野を探究したいという欲求が現れてくる。また、2020(平成32)年には小学3年からの英語必修化など、英語教育の早期化が見込まれている。さらに、プログラミング教育も小学校での必修化が政府戦略に盛り込まれており、教育環境も様変わりしそうだ。
 大学入試も2020(平成32)年に大きく改革される。センター試験の代わりに「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」が始まり、「思考力・判断力・表現力」の重視とともに記述式問題も導入される。現在の中学2年生以下は、「学力」に加えて「主体性」「活用力」も今後求められるので、対応するための準備が大切だ。
 子どもの学習環境が変わる一方、近年は幅広い世代で生涯学習を始める人も増加。知識習得とともに新たな交友関係が広がるのも魅力の一つだ。山口県では、放送大学山口学習センター、山口県ひとづくり財団、山口県生涯学習教育センター、やまぐち街なか大学などのほか、各地域のコミュニティーで取り組まれている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。