アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年01月13日

vol.24「古いお札やお守りの奉納」

vol.24「古いお札やお守りの奉納」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 いただいたお札やお守り、いつの間にか数が増えていませんか? 古くなったお札やお守りはどうすればよいか、山口大神宮に聞きました。

 神社では、節分にあたる2月3日に古い神札・御守のお焚き上げを執り行います。現在、新年といえば1月1日の元旦からを指しますが、旧暦では一年の始まりは立春からとされていました。その前日である節分に一年の感謝を込め、前年に受けた神札・御守をお祓いした後にお焚き上げします。また、昨年以前の古い神札や御守をお持ちのこともあるかもしれません。その際は、2月3日(節分)までに近くの神社へお納めいただければと思います。
 当宮では一年を通して納札所を設けております。お寄りの際にお持ちください。


同じカテゴリー(知っ得メモ)の記事画像
vol.147  使用済み切手で社会貢献②
Vol.146 「使用済み切手で社会貢献①」
vol.145 濡れた革靴のお手入れ
No.144 硬水と軟水の違い②
vol.143 硬水と軟水の違い①
vol.142 土用って何?②
同じカテゴリー(知っ得メモ)の記事
 vol.147 使用済み切手で社会貢献② (2019-06-28 00:00)
 Vol.146 「使用済み切手で社会貢献①」 (2019-06-21 00:00)
 vol.145 濡れた革靴のお手入れ (2019-06-14 00:00)
 No.144 硬水と軟水の違い② (2019-06-07 00:00)
 vol.143 硬水と軟水の違い① (2019-05-31 00:00)
 vol.142 土用って何?② (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)知っ得メモ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。