アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年05月19日

稜線

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 高畑勲と宮崎駿アニメのレイアウト(設計図)を紹介する山口県立美術館「スタジオジブリ・レイアウト展」が人気だ。鑑賞したが、1400点ものレイアウトには圧倒された。
 見る人それぞれに、親しんだ作品は異なるだろう。1966(昭和41)年生まれのわたしは、ジブリ設立以前の「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「未来少年コナン」「ルパン三世カリオストロの城」「名探偵ホームズ」「風の谷のナウシカ」などが懐かしく、引き付けられた。
 特に、映画製作時に高校生だったナウシカは、友人に誘われアニメ雑誌の「風の谷七人衆」という企画に参加。参加者に1枚ずつ配布されたセル画と原画は、今も大事に持っている。原作も読み返したくなった。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。