アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年05月27日

5月31日 目指せ10万人!「チャレンジデー」 相手は「参加率アップ賞」の強敵・狛江市

5月31日 目指せ10万人!「チャレンジデー」 相手は「参加率アップ賞」の強敵・狛江市
▲みなでラジオ体操(昨年)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 山口市は、毎年5月の最終水曜日に世界中で実施される「チャレンジデー」に、5年連続で参加する。
 5月31日(水)午前0時から午後9時までの間に、15分間以上継続して何らかの運動やスポーツをした住民の参加率を、人口規模がほぼ同じ自治体同士で競い合う催しで、今年の参加数は128。
 過去の戦績は、2勝2敗の五分。初参戦時(2013年)の千葉県市原市と翌年の山形県鶴岡市に連敗したが、一昨年の秋田市と昨年の神奈川県座間市で連勝。山口市では、5万8313人、7万62人、9万7988人と年々増加し、昨年は悪天候のため7万7099人(参加率39.1%)にとどまった参加人数を10万人に持っていきたい意向。ちなみに、5月1日時点の市の推計人口は、19万6602人。
 今年の「対戦」相手は東京都狛江市で、推計人口は8万1531人(5月1日時点)。チャレンジデーへの参加は3回目で、18.3%(一昨年)から51.2%(昨年)へと参加率を上昇させ「参加率アップ賞」を受賞した強敵だ。
 取り組む運動は、本格的な内容はもちろん、職場での昼休みのボール遊びや散歩、自転車で買い物に出かけたりといったものでも、15分以上続ければ認められる。報告方法は31日付本紙掲載広告を、当日の催しについては20日付本紙掲載広告を参照のこと。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。