アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年08月12日

山口財務事務所の山口県内経済情勢 2期連続「県内経済は持ち直している」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 財務省山口財務事務所(TEL083-922-2190 )は、7月の「山口県内の経済情勢」を、前回(4月)に続き「県内経済は、持ち直している」と総括判断した。その要点は、前回同様「『個人消費』は緩やかに持ち直しているほか、『生産活動』は持ち直しており、『雇用情勢』は着実に改善し、人手不足感は広がっている」ことを挙げた。また、2017(平成29)年度の「設備投資」は前年度を上回り、「企業収益」は減益となる見通しだ。
 「先行き」については「雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策効果に支えられ、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外経済等の不確実性やそれに伴う為替の動向などを注視していく必要がある」とした。
 調査対象企業からは「依然として節約志向が続いているものの、物産展開催時の飲食料品は前年を上回る状況が続いている」(百貨店)、「最近は、TV番組の影響から『DIY女子』が増加しており、色使いがきれいでおしゃれな工具が相次いで販売され、よく売れている」(ホームセンター)、「旅行先で撮影した写真をSNSに投稿する女性が増えており、パワースポットや温泉などを巡るツアー商品が非常に好調である」(旅行代理店)、「首都圏を中心に再開発事業やマンション需要が堅調なことに加えて、オリンピック需要も上向いている」(セメント)、「中山間地域の店舗を中心に、人手不足が深刻化している状況が続いており、売り上げが期待できるものの出店できない地域もある」(コンビニ)などの声が聞かれた。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。