アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年11月04日

No.64吉敷 「欄干をたたくと「ほたるこい」清涼橋」

No.64吉敷 「欄干をたたくと「ほたるこい」清涼橋」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 吉敷川に架かる清涼橋(山口市吉敷赤田)は、人道橋で、欄干の鉄琴をたたくと童謡「ほたるこい」のメロディーを奏でられる。

 1988(昭和63)年に架け替えられた清涼橋は、長さ約21メートル、幅約1.5メートルで中央部分欄干に32枚のメロディー板が設置。この板をマレットというばちでたたくと「ほたるこい」のメロディーが奏でられる。架橋当時、この類の橋は全国に約30カ所あったと当時のサンデー山口に記録が残る。当初、約100本設置されていたマレットは、現在0本。
 橋の下を流れる吉敷川は、約30年前「ホタル護岸」による改修工事が行われた。良城小の児童や吉敷地域づくり協議会の保護活動も功を奏してホタルの名所となった景観に音を添える。


同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事画像
No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」
No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」
No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」
No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」
No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」
No.146 秋穂二島「7月7日供用開始 美濃ヶ浜海浜広場」
同じカテゴリー(やまぐち深発見紀行)の記事
 No.152 仁保「『夢の椀プール』8月31日まで開放中」 (2019-07-27 00:00)
 No.151「国指定天然記念物『平川の大スギ』」 (2019-07-20 00:00)
 No.150宮野 「故郷に眠る『宮野の宰相』寺内正毅」 (2019-07-13 00:00)
 No.149湯田「赤妻・土井地区の村社『生目八幡宮』」 (2019-07-06 00:00)
 No.148吉敷「住民の手で四季折々の風景 吉敷畑」 (2019-06-29 00:00)
 No.147秋穂「秋穂の製塩業と『日地石風呂』」 (2019-06-22 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。