アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2017年11月24日

vol.68 「喪中はがきが届いたら」

vol.68 「喪中はがきが届いたら」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 喪中はがきが届く季節。もし受け取ったら、どのように対処すればよいのでしょうか。

 喪中の期間には慶事を控える、というしきたりから「おめでたいとされる年始の挨拶を失礼します」と周囲に伝えるのが、喪中はがきです。
 喪中はがきが届いた相手には、年賀状を送るのを控えます。亡くなられたことを知っていた場合も、はがきを見て初めて知った場合も、お悔やみの気持ちを伝えましょう。最近では「喪中見舞い」という言葉もあります。また、年が明けて松の内までに「おさみしくなりました」などと記した寒中見舞いを送るのもよいでしょう。
 いつもの年より受け取る年賀状が少ない時、お悔やみの言葉が記されたはがきは、気遣いの贈り物になるのではないでしょうか。


同じカテゴリー(知っ得メモ)の記事画像
vol.147  使用済み切手で社会貢献②
Vol.146 「使用済み切手で社会貢献①」
vol.145 濡れた革靴のお手入れ
No.144 硬水と軟水の違い②
vol.143 硬水と軟水の違い①
vol.142 土用って何?②
同じカテゴリー(知っ得メモ)の記事
 vol.147 使用済み切手で社会貢献② (2019-06-28 00:00)
 Vol.146 「使用済み切手で社会貢献①」 (2019-06-21 00:00)
 vol.145 濡れた革靴のお手入れ (2019-06-14 00:00)
 No.144 硬水と軟水の違い② (2019-06-07 00:00)
 vol.143 硬水と軟水の違い① (2019-05-31 00:00)
 vol.142 土用って何?② (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)知っ得メモ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。