アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年01月01日

新春あいさつ 未来に向けた「人づくり」「県づくり」を目指して 明治維新150年を新たな始まりの年に 山口県知事 村岡嗣政

新春あいさつ 未来に向けた「人づくり」「県づくり」を目指して 明治維新150年を新たな始まりの年に 山口県知事 村岡嗣政

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 明けましておめでとうございます。すがすがしい新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げますとともに、県民の皆様にとりまして、本年がより良い年となりますことを、心からお祈り申し上げます。

明治維新150年プロジェクトの展開

 今年は明治改元から150年という節目の年です。山口県では明治のチャレンジ精神を今に生かし未来につないでいくため、様々な取り組みを明治150年プロジェクト「やまぐち未来維新」として展開しています。
 その中核イベントとして、今年9月14日(金)から11月4日(日)までの52日間、きらら博記念公園(山口市阿知須)で「山口ゆめ花博」を開催します。会場に咲き誇る1千万の山口の花。山も海も体感できる環境を生かしたダイナミックな外遊び体験やみんなでくつろぐ森のピクニックライフ。心躍る1千のイベントと体験プログラム。昼はにぎわいと開放感を楽しみ、夜はナイトプログラムで幻想的な光の情景に包まれる。そんな子どもから大人まで時間を忘れて過ごしてしまう「ゆめ」の空間を創ります。これまでにない感動と驚きを発見できるイベントにより多くにご来場いただき、全国に山口県の新しい魅力と活力を発信。県としては「山口ゆめ花博」の盛り上がりとともに、明治150年から始まる山口県の新たな150年のスタートを切り、未来に向けた「人づくり」「県づくり」に取り組みたいと考えています。

産業振興・交流拡大を目指して 

 若い世代を中心とする人口減少、特に社会減の流れに歯止めをかけ、山口県の新たな活力を創出するためには、本県の強みを生かした産業振興や国内外との交流人口の拡大が重要です。これまで「やまぐち産業戦略推進計画」に基づく取り組みを強力に推進し、国際バルク戦略港湾や山陰道をはじめとする社会基盤の整備とともに、100件を超える企業誘致により2800人を上回る雇用創出を実現。今後も医療関連、環境・エネルギーなど将来成長が期待される産業分野での事業創出や水素利活用による取り組み、戦略的な企業誘致、意欲ある中堅・中小企業の成長支援や創業支援、さらにJAXAなど政府関係機関の移転効果を生かした新たな地域産業の創出などを進めます。 
 観光面では、昨年はJRグループと連携した「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン(DC)」実施をはじめ、韓国・仁川国際空港とを結ぶ山口宇部空港初の国際定期便や岩国錦帯橋空港での沖縄便の就航、過去最高となるクルーズ船の寄港などで、国内外から多くの観光客にお越しいただきました。
 明治150年を迎える中で、「明治維新胎動の地」である山口県の存在感を一層高め、DCの成果や「山口ゆめ花博」の開催を生かしてさらなる観光客の誘致に取り組みます。また、昨年10月設立の地域商社とも連携を図りながら、県産品の首都圏等での販路拡大や成長する海外市場への積極的な展開を進めます。

安心・安全の地域づくり

 若い世代が安心して結婚、出産、子育てできるよう、「やまぐち結婚応縁センター」によるきめ細かいサポートや「子育て世代包括支援センター」によるワンストップでの相談・支援など、社会全体で子育てを支える取り組みとともに、ワーク・ライフ・バランスの実現等に向けた「働き方改革」や女性が活躍できる職場環境づくりなども推進します。
 また、明治150年プロジェクト「やまぐち未来維新」において、明治維新や日本の近代化を成し遂げた先人たちの「志」と「行動力」に学ぶ人材育成の推進や、全国で唯一、公立小・中学校への100%設置を達成したコミュニティ・スクールを核とする「地域教育力日本一」の取り組みにより、ふるさとやまぐちを愛する子どもたちの育成を進めます。さらに、人口減少、少子高齢化が急速に進む中山間地域の集落機能の維持・活性化を図るため、「やまぐち元気生活圏」の形成を進め、中山間地域での雇用の場の創出や移住・定住の促進に向けてICT関連企業等のサテライトオフィスの誘致などにも取り組みます。
 誰もが不安なく暮らせることが県民生活の基本。熊本地震等を踏まえ、引き続き防災・減災対策の強化、医療・介護提供体制の充実など、安全・安心の確保にしっかり取り組んでいきます。

県政の基盤づくり

 財政健全化を進めた結果、山口県の借入金残高は約半世紀ぶりに減少へ転じましたが、依然厳しい財政状況が続いています。将来にわたり持続可能な自立・安定した行財政基盤の確立のため、昨年4月に設置した「行財政改革統括本部」を中心に徹底した行財政構造改革を推進します。
 山口県としては、県と県内の各地域が持続的に成長・発展していけるよう、地方創生の実現など県政の諸課題の克服に向けた取り組みを積極的に進めていきます。ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

新春あいさつ 未来に向けた「人づくり」「県づくり」を目指して 明治維新150年を新たな始まりの年に 山口県知事 村岡嗣政
▲画・古川綾子


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。