アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年03月09日

3月17日 「25年建築選」登録のC・S赤れんがで 北谷直樹チェンバロリサイタル

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 3月17日(土)午後2時(1時半開場)から、C・S赤れんが(山口市中河原町5、TEL083-928-6666)で、チェンバロとバロックバイオリンによる「北谷直樹チェンバロリサイタル~流れのほとりにて」が開かれる。
 北谷は、スイス・チューリッヒを拠点に活動しているチェンバリストで「情感のこもった演奏の中に巧妙な技術を駆使し、音色は色彩的表現に富み、高い即効的流麗を醸し出している」とも評されている。ゲストのバロックバイオリン奏者の杉田せつ子は、東京芸大でバイオリンを専攻し、ウィーン国立音大に留学。現在はバロック音楽の演奏を活動の中心としている。
 曲目は、16世紀から21世紀のヨーロッパ各国の作品。中でもスロベニアの現代作曲家ミルコ・ラザールの「ファウスト組曲」から転用された曲「マーガレット」からの2曲は世界初演奏だという。演奏に使われる同館所有のチェンバロは、フランシスコ・サビエルが、大内義隆に献上した品々のひとつ「マニコルディオ」が、チェンバロの祖であることにちなみ、大内氏の家紋とサビエルの紋章が施され、1995(平成7)年、山口市が特別製造したもの。
 全席自由で、前売りチケットは一般2500円、エニー会員2200円。同館、YCAM、山口市民会館、サンパークあじすなどで購入できる。当日券は残席がある場合のみで、いずれも3千円。未就学児は入場不可のため、託児(500円)希望者は本日中に同施設へ申し込むこと。
 なお、会場の赤れんがは、昨年12月、日本建築家協会から、「25年以上建築の存在価値を発揮し、美しく維持され、地域社会に貢献してきた建築」として「25年建築選」に登録された。同協会が同様の趣旨で顕彰した山口県内の建築には、他に山口県立美術館、山口県庁舎があり、3例目。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。