アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年03月28日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は明治改元から150年(117) 大村 益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は明治改元から150年(117) 大村 益次郎
▲枕流亭(香山町)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(3月21日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

出兵協約

 9月17日、大久保利通と大山綱良は、御堀耕助とともに山口へ入ると、その夜、木戸孝允、広沢真臣と会見した。
 そして、18日には、毛利敬親父子に謁見。酒食でもてなされ、利通には短刀が、綱良には羅紗一反が贈られた。
 「櫝は得たけれども、玉を失ったというような憂いのないようにしてもらいたい(京都は占領したが、天皇は敵に渡してしまったということがないように)」。
 この時、敬親は、このように述べたという。彼は、挙兵について慎重な姿勢を示していたのである。当日、同席した藩政府員は、毛利備前、宍戸璣、柏村数馬。前日も会見した木戸孝允、広沢真臣。そして、御堀耕助らであった。
 利通らは、上国の形勢および今後の方策について述べ、これに対し、敬親や孝允らより質問が出され、両者の間には大いに悟るところがあった。
 この日、品川弥二郎とともに山口に戻っていた伊藤博文は、外国より蒸気船を借りるため、長崎へと向かった。
 ついで19日、山口では前日に続き、薩長両藩による会談が行われ、そこで出兵協約が取り決められた。

(続く。次回は4月4日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。