アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年04月18日

浦沢直樹展

浦沢直樹展

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 今から20年ほど前のことだろうか、「MASTERキートン」を初めて単行本で読んだ。そのときの興奮は今もはっきりと記憶に残る。ストーリーが断然おもしろく、絵は魅力的で、凄味もあった。
 当館での「浦沢直樹展」開催が決定してからもう一度読み直してみて、やっぱり同じようにおもしろかった。しかし最後の場面に出てくるフロッピーディスク(!)には、時代の変化をまざまざと感じざるを得なかった。以前は当たり前のように使用されていた道具が、今では遺物と化している。最近、現役大学生にフロッピーディスク知ってる?と聞いたら、見たことないと答えた。
 作中にある「プロにはなれない、せいぜいマスターどまりだ」という言葉。なんだか自分のことが言われたような気がして、思わず来し方を振り返ってみれば、ざわついた気持ちにもなるけれど、でもマスターに達しているならばよしとすべきか、と思い直した。
山口県立美術館副館長 斎藤 郁夫


同じカテゴリー(サンデー美術館)の記事画像
中庭《県美の森》
下瀬信雄展
No.253 ふたつの写真展
扇の国、日本
ここは扇の国
コレクション展 シベリア・シリーズⅢ
同じカテゴリー(サンデー美術館)の記事
 中庭《県美の森》 (2019-07-17 00:00)
 下瀬信雄展 (2019-06-19 00:00)
 No.253 ふたつの写真展 (2019-05-15 00:00)
 扇の国、日本 (2019-04-17 00:00)
 ここは扇の国 (2019-03-20 00:00)
 コレクション展 シベリア・シリーズⅢ (2019-02-20 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。