アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年05月02日

あす5月3日~6日 初日にはシンポジウムやクイズも 「大和作太郎と山口焼」展

あす5月3日~6日 初日にはシンポジウムやクイズも 「大和作太郎と山口焼」展
▲錦手丸鉢(山口焼)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 あす5月3日から6日(日)まで「維新の陶工 大和作太郎と山口焼」展が、山口市菜香亭(山口市天花1)で開かれる。主催は、山口萩焼作家協会(TE083-929-3150)。
 会場には、山口萩焼の開祖・大和作太郎と同協会員の作品、そして作太郎も関わった「山口焼」、計約70点が並ぶ。
 初日の午後5時から6時まではシンポジウムも開催。山口市美展の審査委員長も務める美術評論家の木本信昭さんが「山口焼について」、山口県指定無形文化財萩焼保持者で作太郎の孫に当たる大和保男さんが「作太郎など総括」の題で話す。続いて「謎の山口焼クイズ」。よく似た防府市の「西浦焼」や北浦「須佐焼」などから、山口焼を当てるクイズで、正解者には協会員のぐい呑みやカップが進呈される。
 作太郎の萩から山口への進出は1890(明治23)年。下竪小路の萬代家が創業した山口焼の職長として招かれたためで、2年間職長を務めた。そして、37歳で宮野大山路に独立開窯。今の山口萩焼につながる。
 同協会に所属しているのは、大和保男、大和祐二、大和義昌、大和稔、大和猛、大和努の各氏。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。