アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年05月23日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は明治改元から150年(125) 大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は明治改元から150年(125) 大村益次郎
▲錦の御旗製作所跡(後河原)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(5月16日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

錦旗

 三田尻に続々と薩摩船が到着する頃、京都では大久保利通や品川弥二郎が奔走していた。
 10月6日、ふたりは中御門経之の別荘を訪れ、同席していた岩倉具視らと討幕、王政復古について協議した。
 この時、具視は、有栖川宮熾仁親王を太政官知事とし、仁和寺宮入道純仁親王を征夷大将軍とすることを提案。利通も弥二郎もこれに賛成した。
 また、具視は、玉松操が考案した錦旗の図を示し、これを制作することを利通と弥二郎に託した。
 そこで利通は、京都西陣において、大和錦、純白緞子若干巻を購入し、その後、これを弥二郎らが山口へ持ち帰った。
 そして、後河原にあった藩の養蚕所の一室で、有識家・岡吉春を主任として、約30日かけて日月章の錦旗2旗、菊花章の紅白旗10旗を作製。錦旗は、山口と京都の薩摩藩邸にそれぞれ半分ずつを密蔵し、このことは誰にも知らせなかった。
 藩の養蚕所が置かれていたこの場所は、現在、錦の御旗製作所跡として整備されている。
 すぐそばを流れる一の坂川の水は今日も清らかで、時折吹く風は初夏の香りを運んで来る。
(続く。次回は5月30日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。