アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年07月11日

メセナ倶楽部が18年度総会を開催 メセナ大賞は山口県文芸懇話会に

メセナ倶楽部が18年度総会を開催 メセナ大賞は山口県文芸懇話会に
▲表彰状を受けとる浜崎さん(左)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 山口市内における民間の文化活動を金銭面で支援している山口メセナ倶楽部(中野勉会長、TEL083-925-2300)は、2018(平成30)年度の総会を、6月28日にホテルニュータナカで開催した。
 2017(平成29)年度は、14事業に対して計222万円を助成した。会員数は、一般会員が22社で、特別会員は7組織。本年度は引き続き、市内で開催される文化芸術活動の支援と、景気の悪化により減少を続けている会員の増強に取り組んでいく。また、来年には発足25周年を迎えるため、記念事業の開催に取り組むことも確認した。
 閉会後には、24回目となる読売山口メセナ大賞の授与式があった。前年度支援事業の中から選ばれたのは「山口県文芸懇話会60周年記念事業」。同会は、1958(昭和33)年から60年間、同人誌「文芸山口」の発行を続けている。年に6回の発行で、最新号は339号になる。60周年記念事業は、①記念講演会・パネルディスカッション②映画制作③文芸山口大賞④特別号発行の四つ。浜崎代表は「『小舟が大海に出る』ような、大きな記念事業に取り組む中、この受賞はメンバーの喜びと自信になった。これからも、地域の文芸の発展に貢献していきたい」と謝辞を述べた。
 山口メセナ倶楽部は、地域における芸術文化活動を、地域の人たちが金銭を拠出することで支えていこうと、1994(平成6)年に設立された。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。