アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年09月12日

vol.185「おじいちゃんの口笛」

vol.185「おじいちゃんの口笛」

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

ほるぷ出版
作:ウルフ・スタルク
絵:アンナ・ヘグルンド
訳:菱木晃子

 「ぼく」のおじいちゃんは、会うと必ずお小遣いをくれ、時々魚つりにつれて行ってくれます。おじいちゃんのいないベッラはうらやましくてなりません。そこで「ぼく」は、おじいちゃんを見つけられる場所へベッラを案内しました。そこは、老人ホーム!
 ベッラは一人きりでトランプあそびをしていた老人、ニルスさんを見つけ、その人を自分のおじいちゃんにすることに。その日から二人はニルスさんに会いにホームへ通います。
 部屋に閉じこもりがちだったニルスさんは、二人に誘われて外に出ることで、日の光をあび、風の運ぶ香りをかぐ幸せを思い出します。
 鳥のさえずりにあわせて口笛をふくニルスさんを見てベッラも挑戦しますがうまくいきません。
「こんど会うときには おまえの口笛がききたいな」
「うん、おじいちゃん。きっときかせてあげる」
 しかし、ベッラはニルスさんに口笛を届けることはできませんでした。
 別れの辛さよりも、ニルスさんの最期の数日が幸せいっぱいだったことが心に残る作品です。
(ぶどうの木代表・中村佳恵)


同じカテゴリー(えほんのとびら)の記事画像
No.194 「うみべのまちで」
No.193「ふしぎなたいこ」
No.192「なぞなぞあそびうた」
vol.191「ぞうのババール こどものころのおはなし」
vol.190「てんぷら ぴりぴり」
vol.189「はじまりの日」
同じカテゴリー(えほんのとびら)の記事
 No.194 「うみべのまちで」 (2019-06-12 00:00)
 No.193「ふしぎなたいこ」 (2019-05-08 00:00)
 No.192「なぞなぞあそびうた」 (2019-04-10 00:00)
 vol.191「ぞうのババール こどものころのおはなし」 (2019-03-13 00:00)
 vol.190「てんぷら ぴりぴり」 (2019-02-13 00:00)
 vol.189「はじまりの日」 (2019-01-16 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。