アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年09月21日

初回、最終回とも題材は瑠璃光寺五重塔 「山口周辺」、1767回で終了

初回、最終回とも題材は瑠璃光寺五重塔 「山口周辺」、1767回で終了

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 「山口周辺」は、執筆者である写真家・栗林和彦さんの逝去により、本号掲載の1767回で最終回とさせていただきます。
 この連載は、1983(昭和58)年9月2日に開始。第1回目に登場したのは、モクモクとわく入道雲の中、シルエットを浮かべた瑠璃光寺五重塔の写真でした。「思わず芭蕉の“夏草や…”の一句を口ずさまずにはおれない素晴らしさ。大内氏が建て、毛利氏の手に渡った五重塔の経歴を思えば、仏教が説く“空”の世界さえ見えてくる」と賞されもしたその第1回を、本号にカラーで再掲しました(当時はモノクロ)。
 1767回にわたり、山口市を中心に紹介された有名・無名の名所・旧跡は、「ふるさとの再発見になる」と、毎回大きな反響がありました。そして最終回の題材は、第1回と同じく、栗林さんが愛してやまなかった瑠璃光寺五重塔でした。
 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 「山口周辺」で紹介した写真など、栗林さんによる“昭和の山口”の風景を集めた写真集「昭和の残像」は、弊社で取り扱っています。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。