アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年09月22日

11月まで 定額料金で終日乗り降り自由 イベント参加に「観光周遊バス」利用を

11月まで 定額料金で終日乗り降り自由 イベント参加に「観光周遊バス」利用を
▲特別デザインのバス停に停車する

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 定額料金で終日乗り降り自由な「山口市観光周遊バス」の運行開始から4回目の週末を迎えた。これまでの7日間の利用人数は、1日平均約40人(1回の乗車・降車で1人とカウント。同一人物が3回乗降すれば3人となる)。山口市では「予想を上回る数字」と評価しており、運行エリアの湯田温泉および大内文化特定地域で開催されるイベント参加での利用も呼びかけている。
 きょう9月22日は、亀山公園山頂広場がリニューアルオープンし、「山口みどりのフェスタ(山口市都市緑化祭)」も同時開催される。C・S赤れんが(山口市中河原町5)では、建築100年を振り返るパネル展が9月24日(月・振休)まで開かれており、午後1時半から「対談とミニコンサート」も。井上公園(山口市湯田温泉2)では、きょう・あす地ビールのイベントがある。
 また、9月29日(土)には十朋亭維新館(山口市下竪小路)が開館。その記念イベントとして9月30日(日)に野田神社能楽堂(山口市天花1)で、午後1時から「吉田神楽団公演」が、4時半から「鷺流狂言特別公演」が開催。後者は、鷺流狂言を伝承する山口、佐渡(新潟県)、高志(佐賀県)の保存会が一堂に集結し、4演目が披露される。
 さらに、10月7日(日)にはアートふる山口と湯田温泉酒まつりが「山口」と「湯田」でそれぞれ開催される。
 11月まで運行される「山口市観光周遊バス」の詳細は、8月31日付本紙記事(ウェブサイトにも掲載)を参照のこと。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。