アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年09月29日

10月6日 徳川家、島津家、毛利家が登壇 「明治維新150年記念シンポジウム」 聴講者募集中

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 明治改元から150年を迎えた今、激動の幕末・維新期において、暗中模索しながら日本の未来を考え歩んだ、江戸幕府、薩摩藩、長州藩それぞれの立場から「歴史」を振り返ってもらい、次の50年につなげていこうという趣旨の催しが開催される。10月6日(土)午後2時から5時まで、山口県教育会館(山口市大手町2)で開かれる「明治維新150年記念シンポジウム」だ。
 まず最初に「明治維新と近代国家の設立」の演題で、広島大名誉教授の三宅紹宣さんが講演。三宅さんは1949(昭和24)年広島県生まれで、維新史研究や幕末長州藩の研究が専門。山口県史編さん明治維新部会長も務め、著書に「幕長戦争」(吉川弘文館)などがある。
 続いて、パネルディスカッション「激動の幕末・維新~幕府と薩長両藩との葛藤と苦悩」。江戸幕府・徳川家から徳川家広さん、薩摩藩・島津家から島津公保さん、長州藩・毛利家から毛利元敦さんが登壇する。さらに、萩博物館特別学芸員の一坂太郎さんと、毛利博物館顧問の小山良昌さんもパネリストとして参加。コーディネーターは、講演を終えた三宅さんが務める。
 聴講は無料だが、事前の申し込みが必要。希望者は、氏名(複数可)・(代表者の)住所・電話番号を、主催の山口商工会議所明治維新150年記念事業実行委員会(TEL083-925-2300)に、ファクス(083-921-1555)やメール(yc@yamacci.or.jp)で伝えること。定員は400人。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。