アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年10月05日

稜線

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 小学校から高校までを宇部市で過ごした京都大の本庶佑特別教授(76)が今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に決まったことは、日本国内に大きな喜びをもたらした。山口県内でも、宇部市を中心に祝福の輪が広がっている。
 本庶さんは神原小時代「家に帰ってすぐ遊べるよう、授業中に教科書は自分で読み、宿題もその場でやってしまい、先生の話など聞いていなかった」、また「好奇心のかたまりで、ラジオや時計の分解、組み立て、読書と、面白いと思うことはどんどんやった」という。
 「教科書を信じない、自分の目でものを見るべき」という子どもたちへの助言は、宇部市での本庶さんの姿と重なる。金言だと感じた。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。