アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年10月20日

平川中では文化祭で踊りを披露 「白河踊り」の絵本発刊

平川中では文化祭で踊りを披露 「白河踊り」の絵本発刊
▲指導を受けながら練習する生徒たち

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 絵本「白河踊り」が、このほど発刊された。
 白河踊りは、150年前の戊辰戦争後、従軍した長州藩兵が福島県白河地方から地元に持ち帰ったとされ、今も山口県内各地で踊られている。この絵本は、1971(昭和46)年の発足以来50年近く活動を続けている平川地域の「白河踊り保存会」(藏成幹也会長)が資料を提供し、吉田に住む平川里さんがA4版42ページにまとめた。
 戊辰戦争時の白河の様子や、現在の同会と白河市との交流などが紹介されている。事前に白河市にも内容を確認してもらい、500部を印刷。図書館などに配布したが、希望者には有償(税込み1千円)で頒布もする。問い合わせは、平川コミュニティ推進協議会(TEL083-922-0523)へ。
 きょう10月20日には、平川中の文化祭で、1年生25人が白河踊りを披露する。絵本を読んだ学年主任の吉田直美教諭が発案。保存会の石田浩亮副会長の振り付け指導を受けながら、練習に取り組んだ。
 踊りのリーダーを務める佐藤舞弥さんは「コツもつかめるようになったので、文化祭で完成形にしたい。自分たちが伝統を引き継いでいるところを見てもらえれば」と意気込んでいる。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。