アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年11月02日

稜線

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 先日、兵庫県の城崎温泉を初めて訪ねた。
 ホテルのパンフレットに「城崎町は、お客様に外湯巡りを兼ねて散策してもらうことで、温泉街全体が潤うように願っています。そのため、すべての旅館は、収容人数に対して浴槽の大きさが条例で(小さめに)制限されています」と書かれていた。そして、旅館・ホテルの宿泊客は、1カ所当たり600円から800円の外湯(7カ所)の入場料がすべてタダになる。さらに、外湯巡りの「正装」は「浴衣にげた履き」と定められてもおり、大谿川沿いの柳や石橋などで情緒あふれる景観の温泉街は、浴衣姿の人たちでにぎわっていた。
 城崎温泉に根ざしている「共存共栄」の精神、湯田温泉も参考にできそうだ。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。