アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年11月09日

11月11日 三上智恵監督も来山 「沖縄スパイ戦史」

11月11日 三上智恵監督も来山 「沖縄スパイ戦史」
▲三上智恵監督

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む20万人余りが死亡した沖縄戦。戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」で明らかになる沖縄戦に三上智恵監督と大矢英代監督が焦点を当てたドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」(2018年)が、11月11日(日)に山口県教育会館(山口市大手町2)で山口県内初上映される。西京シネクラブ(TEL083-928-2688)の主催。
 1944(昭和19)年、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42人の陸軍中野学校出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは―。
 「標的の村」「戦場ぬ止み」「標的の島風かたか」に続き、本作が4作目となる三上監督と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた大矢監督は、琉球朝日放送での先輩と後輩。二人の監督がジャーナリストの視点を持って沖縄戦を追った。
 同クラブの大久保雅子代表は「昨年6月に上映した『標的の島風かたか』終了後、客席から監督の次回作を期待する寄付金が集まり、山口の皆さんの思いが込められた作品でもあります」と鑑賞を呼びかける。
 上映時間は、午前10時半、午後1時半、6時から。3時半からは、三上監督によるトークショーもある。前売り券(電話予約可)は1200円で、同館、YCAM、山口市民会館、C・S赤れんがなどで購入できる。当日券は1500円、19歳から25歳まで1千円、18歳以下800円。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内
7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場
7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
山口メセナ倶楽部 メセナ大賞は山口萩焼作家協会に
7月13日 「山頭火」を堪能しながら夕涼み 金光酒造で「ヒヤガーデン」
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 7月28日・8月 懐かしい顔ぶれとの再会を 市内各高校 同窓会案内 (2019-07-27 00:00)
 7月27日 山口祇園祭「御還幸」 女神輿も登場 (2019-07-27 00:00)
 8月18日まで 「香月泰男のシベリア・シリーズ」展 山口県立美術館で (2019-07-27 00:00)
 7月27日、28日 子ども向け科学教室も 太陽光発電と蓄電池のイベント開催 (2019-07-27 00:00)
 8月31日まで あなたもオリンピックに参加できる! 山口県聖火ランナー募集中 (2019-07-27 00:00)
 【1行記事】 (2019-07-27 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)ニュース
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。