アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2018年11月21日

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は明治改元から150年(151) 大村益次郎

明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は明治改元から150年(151) 大村益次郎
▲淀城跡(京都市)

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

(11月14日付・松前了嗣さん寄稿の続き)

ふたつの城で

 これより先、淀藩より吾が藩に掛け合い候趣は、「淀藩においては、賊徒に与し候所存さらにこれなく、よって会桑(会津藩・桑名藩)らより城に入れ候様、再三承り候えども、一人も相入れず候あいだ、城の儀は焼き払い相成らざる様相願い候。市中の儀は、手広く在陣の賊徒もこれあるべく候えども、取り調べ兼ね候」段申し出候由―。
 これは、薩摩藩士・平田九十郎の日記である。
 この時淀藩は、薩摩軍に対し城を焼かれまいと必死に懇願し、本丸書院にまで兵士を踏み込ませ検分させた。
 薩摩軍は伏兵が無いと確認。一個小隊を城内に残して引き揚げ、焼け残った町屋に宿泊した。
 一方、橋本(八幡市)まで後退した旧幕府軍は、そこで防禦線を設営。
 大坂城では、徳川慶喜が、会津藩主・松平容保、桑名藩主・松平定敬、両藩重役、幕府の諸将と有司役人を集めた。
 「事、すでにここに至る。たとい千騎戦没して、一騎となるといえども、退くべからず、汝らよろしく奮発して力を尽くすべし。もしこの地敗るるとも関東あり、関東敗るるとも水戸あり。決して中途に已まざるべし」。
慶喜の熱弁が響き渡った。
(続く。次回は11月28日付に掲載します)


同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事画像
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎
明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎
同じカテゴリー(四境戦争 大村益次郎)の記事
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(185)大村益次郎 (2019-07-24 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年 (2019-07-17 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(182) 大村益次郎 (2019-07-03 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(181) 大村益次郎 (2019-06-26 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(180) 大村益次郎 (2019-06-19 00:00)
 明治維新鴻業の発祥地、山口 今年は大村益次郎遭難から150年(179) 大村益次郎 (2019-06-12 00:00)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。