アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

店長情報 トップページ
店長情報

2019年02月01日

稜線

実際の紙面はコチラ(公開期間は発行から1カ月間です)

 あさっては節分。最近では福豆だけでなく、「恵方巻」を食べることも一般化した。
 その起源は定かではないが、大正時代ごろに関西で始まり、1990(平成2)年前後にスーパーやコンビニによって全国に広まったとされる。当時のサンデー山口を広げると、初めて登場したのは1988(昭和63)年だ。コープやまぐちとアルビの広告に、由来やその年の恵方が南南東であることなどが紹介。その翌年には小僧寿司チェーンによる「節分巻」広告も掲載された。それから30年がたち、今ではすっかり一般化。一方では、売り出し後の大量廃棄が社会問題化もしている。
 恵方(今年は東北東)を向いて無言で1本を食べると縁起が良いとされる。福が舞い込みますように。(K)


同じカテゴリー(稜線)の記事
 稜線 (2019-06-28 00:00)
 稜線 (2019-06-21 00:00)
 稜線 (2019-06-14 00:00)
 稜線 (2019-06-07 00:00)
 稜線 (2019-05-31 00:00)
 稜線 (2019-05-24 00:00)
Posted by サンデー山口 at 00:00│Comments(0)稜線
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。